読読読読読

読書感想 人生乾燥

サイコパスの真実


サイコパスの真実 (ちくま新書)


下書きにサイコパスとだけ書いて放置されていた。
いつ読み切ったのか忘れた。たぶん3か月前。
ほぼ忘れている。
だから記録を書かねばならんって言ってるじゃん…
人間の記憶なんてオワってんのよ、カスよカス。


情動が動かない。人間としての揺れ動きがまったく存在しないというバグ。
そういう人間が真なるパワーサイコパスになるのだ。


俺は?俺はねえ、それなりに感情がある。
サイコ気味ではあるけど、薄味だね。
何か大きなことをしでかすほど、イカレ狂ってない。つまんねえ。
マイルドサイコパスの部類だ。


最近知ったと思っていた自己愛性パーソナリティも本文で触れられていた。
こういうのが知識の欠片なんだよなあ…
1度見ただけじゃ覚えられないし、そこに引っかかることもできない。
そのうち気が向いたら読み直したい候補ではある。知識としてだな。
決して面白くはなかった。


軽く読み直したけど、
こんなん該当者だと思わない程度の触れ方だった。
他人には考慮する。
俺は本質的には自分は神だと思っているけど、
現実に出ている部分の自己評価はそうでもない。
故に、身の丈の選択肢を取っている。
他人に迷惑をかける気は…あるけどない。


本当にどうでもいいから。
俺以外の人間なんてどうなろうが本当にどうでもいい。
それは違う、俺すらもどうでもいい。
俺の本質はきっとニヒリズム、どうせ全部無駄だから。
ちょっと深掘りしたいからそのテの本を探してみような、答えかもしれん。