読読読読読

読書感想 人生乾燥

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学


平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学


セールで見かけてタイトル秒速ポチ
翻訳本だった


精神科医になりてえ!とか言っていたのはコレの影響
俺は優しさの欠片もないから救いたいとは思わない
頭にバグが出来てしまった人を蹴り飛ばして見たい
どこまで落ちるか 眺めてみたい


バグが発生するのは育つ中でどこかしらにバグがあるからだな
満たされた人間はバグりようがない
俺がダメなのはどこかしら育成中の失敗なんだろう
イマイチ自分事だと根幹が分からない
まだ勉強の必要がある


後半になるにつれてナルシシズムの話が増えてくる
社会的なステータスのためだったり
狂った自己愛の結果だったり
己が身に染み入る言葉がドスドス突き刺さる
気持ちいい…面白すぎる…


俺はシャーリーンのような自己愛と自閉症はない
ついでにIQもそれほど高いとは思わない
クソバカに知識の理論武装を付け足しただけであって
俺の本質は愚かでダサいゴミクズよ
見ないフリすりゃいいのに 自分をマジメに見つめちゃうね
ぶっ壊れんぞ


とりあえずこの本からの強い学びは
ナルシシズムと言って過言ではない感性を持っている」
もうね 認めるよ 俺はナルシスト
元カノにボロクソ人間性を否定されても大丈夫だったのは
あの時は強い自己愛があったからだと今なら分かる


鬱病になったのはそれに加えて社会的地位がない暇すぎる仕事のせい
この本のテーマは悪だから仕事で鬱病になった~的な話はない


"虚偽"は悪のタネ、むしろ悪なのだ
嘘を付くという行為それ自体が「悪いと思っている」からなのだ
体裁を取り繕うためなのだ
嘘なんてそんなもん


面白い嘘はあるけどよ
自分のための嘘はそういうことなのだ


俺はほとんど嘘は付かない
”ほとんど”ね
社交性の仮面を被った俺は間違いなく嘘の塊さ
気持ちが良いね 自分が理解できるっていうのはさあ
なんなら強大な嘘を付き続けていたね
幼稚園の時に芽生えた自殺願望を抑えて今の今まで生きながらえている
「思い通りにならないなら死んでやる」
親の愛に漬け込んだ最悪の支配欲が今も俺の中に生きている
俺はあの時死ぬべきだった


純粋に俺は悪人なのだ やっぱりね
自称だと思ってきたけど ちゃんとワリーヤツで俺は安心した
俺のような人間が正しくてたまるかよ
ちゃんとバグだった