読読読読読

検索できる感想文

鬱くしき人々のうた 実録・閉鎖病棟


鬱くしき人々のうた 実録・閉鎖病棟

読み始めたら面白くてなあー


ちょっと呑み込まれてウツに落とされた
その前にクリームソーダシティの再読と
古屋兎丸のルナティックサーカスで受け入れ姿勢出来ていた
でも俺は圧倒的に健常者だから戻れるね
面白くないほど健康さ


イカれに出会いはカマしたことはあれど
ここまでのぶっ飛びは見たことがない
弱くてゴミクズの人間が生きながらえるのは
この国が優しいからさー
そしてクズの中でもマシだからさー


本当のゴミクズはちゃんと死んでいく
バカは何も知らないし
どこからでも転げ落ちることができる
そういうもの


いつか見てみたいものだ
あとがきで「それでも生きたい」と言っていたが
そうなんだと思った


生に執着がある時点ですごいな
どこに価値を見出したのか
ただの本能なのか
よく分からない


まぁ、何にせよ
俺には生きる気力はないねー
日々を嫌々と浪費することしかできんよ