読読読読読

検索できる感想文

スマホに満足してますか?~ユーザインタフェースの心理学~


スマホに満足してますか?~ユーザインタフェースの心理学~ (光文社新書)

書きたいことをテキトーに書いた感じ
プログラマーとしてインターフェースを作るときはある
その勉強がてら学ぶことあるかなーだけど
あんまりにも転載の域の話をしていたので
ザコプログラマーは死んだ


それ抜きにしても世の中は随分便利だよ
文字入力はこのオールドキーボード文化が早く滅びることを望む
キーボードで文字を打つのは楽しいんだけど
予測変換はもっと良くなってイイと思う
入力の途中でtabを押さない人間はどいつも無能だしバカ
これはマジ
どうせ打つ文字を予測に出してくれているのに
何故使わないのか


そういうところだぞ 無駄足人間共
結局のところ 知性に合わせた便利さというのが必要なのだ
俺が文字を打つのが早いのは
誤字脱字とか修正が少ないのと
予測変換が大活躍しているからと
そもそもの文書校正が俺に満足いくものだからだ


会社の資料は何度も見直す
バカ用だから主語が抜けるとか多々ある


結局のところ
自分は知っていて当たり前だけど他人は知らない
その状況を考慮しなければならない


インターフェースもそう
把握させて 使わせなければならない
偉大なる天才たちに作るのは任せて
俺は使いこなすことを頑張るよ


それが一般人たるアタシに出来る最大限の努力なんだからね