読読読読読

読書感想 人生乾燥

持ってこなかった男


持ってこなかった男

トリプルファイヤーの吉田くんの本
絶妙な歌詞が好きすぎてな。

このバンドの出会いはどこからか忘れたけど、
「次やったら殴る」だった気がする。テレビ番組の切り抜きかなんかをどこかの動画サイトで見た。覚えてない。数年後に見たら消えてた。


歌が下手なのと演奏が妙に上手いのがツボ。打ち込みでいいじゃん?みたいなのをバンドで淡々とやるのが、良い。


「カモン」の歌詞になる体験が書いてあって感動してしまった。両手あげて盛り上がっている風、客観的に見てダンス。
思ったことしか言いたくないんだって。カワイイ。


本質的に盛り上がる方法がわかっていない気がする。自分の感性どの相談ができていない感じ。人の目を気にした好きにパワーを振り切れない感じも「普通」が出ていてたまらん。


それなりに面白い人なのかもしれないけど、どこか腑抜けた印象があるのは激情に揺れたことがないからだと思う。身は程を表すもんね。
すぐ知ったかイキリをかますこと赤裸々じゃん。よくそのまま書けるよね。俺のブログも人のことは言えないけどね。


読めたことに感謝。
トリプルファイヤーが更に好きになった。
いつかライブいって体揺らして声上げたい。
たぶん、俺は「カモン」になっちまう。