読読読読読

検索できる感想文

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない


諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

インターネットインタビューで見かけていた元アスリートの人
Twitterでも冷めたことを言ってる印象
冷めたことというよりか
事実を冷静に見ているだけなんだけどな
真実を語るからかなり好み

努力すべきもの

「やりたいこと」よりも「才能があること」で努力した方が楽じゃね?
ぐらいのラフな感じ
同じことをプロ奢が言ってたな
たどり着く事実って一緒なんじゃねーのー
プログラマーの才能がないのに努力してもしょうがないし
物理労働が楽ならそっちやっている方がいいじゃーん

経験

何かを本気でやった経験があると
進行度の感覚値っていうのは付く
これは俺が格ゲーを本気でやっていたから分かること
全てにすぐ飽きるような奴はその感覚がついていないから
いつまでも 何をしたらいいのか
わかるわけがないのだ
極める為に「考えた」という経験は何にでも生きる

共感したとこ

「きみは絶対に変われる」という熱意は大事だけれど、相手の何を変えようとしているかでだいぶ違う。やっかいなのは自分が思う「正しい」方向に相手を変えようとする人だ。


相手の正義を押し付けられた時が一番苦しい
俺なら相手を殺したくなる
今でも俺のロンゲを否定した最初の会社のクソは殺してもいいと思っている
しょうがないから切ったけど折れるべきじゃなかったなって生涯思うだろう

死について

アスリート生命が終わったとしてもゼロに戻るだけ
ず~~っとそういう感覚らしい
珍しいよね
アスリートってアツくてキモくてバカなイメージ
引退したアスリートはバカだから稼ぎで経営して
ほとんど失敗して破産するっていう話すき
7割とじゃなかったっけ?
経営も何も分かっていない癖によくやろうとするよな
運動バカのくせに
それはおいといて


死んだとしてもゼロに戻るだけだろって
だからこそ好きに生きればいいんじゃないの?
前向きだね 非常に
諦めているけど やることはやりにいこうってね
非常によろしいよね…


俺はそんな風には思えない
早く終わりたくてしょうがないさ
どうせ何をしていても意味なんてないし
俺は本当にテキトーに生きているよ


何か成したいことも
執着も
何もない


死はゼロになるだけ
生まれなきゃ人生なんてなかったのだ
いい考え方だから擦り散らかしていきたい