読読読読読

読書感想 人生乾燥

インターネット的

インターネット的 PHP文庫

インターネット的 PHP文庫

kindleunlimited


要約すると?
「インターネットがあることで考え方が変わるよね」
ということを言っている


この本のベースは2014年に出ていて、コスり直されたもの
現世のインターネットがこの本に書いてんじゃ~んってさ
そんなツイート見た覚えがある
その、あれね、あーね

3つの鍵

・リンク
インターネットサーフィンっぽい話をしている
要素を飛んで飛んで、連鎖するよねー


・シェア
情報のシェアな
人の経験値の発信が気楽になる
このブログもそう
俺の日記もそう


・フラット
インターネットに年齢なんて関係ない


中学生にやっていたネトゲを思い出す
知能レベルの問題で絡むのは同世代が多かったけど、
年上がたくさんいた
大学生とか大人とか、ヤベーヤツもたくさんな
それもインターネットの世界だから関係ない
"プレイヤー"ってくくりで終わりだった
これがたぶん、フラット

信頼が価値

最近コスられてる理論、もう聞き飽きた
情報の正しさが大事


いいひとと思われていても裏がバレれば0点
ステマをするような奴は全員バカにしていい
もみ消されない、そういう世界になったのだ
インターネットに火を放てば、ちゃんと燃える
残り火で炙り続けられるのだ


故に、裏切らない人間が人権を得る
信頼ね、重いね

消費者の豊かさ

「世の中は売る側の視点で語られ過ぎ」だってさ
どいつもこいつもさぁ
努力を認めて欲しがりすぎ
テメーの努力なんてよォ
クソの役にも立ってねえだろォ
不幸になっちゃえよ


芸術を理解するには造詣がいるんだよな
豊かさっていうのはどこから来るのか?
知性だろ


気に入ってる話
「趣味のないバカ老人はパチンコしかできない」
何かを見て、楽しむということをやってこなかった
仕事ばっかりで趣味がない
退職したら何をしていいか分からない
未経験、何も吸収できないようなステレオタイプな生活
何にもねえ、労働力でしかなかった人間
そういう奴がパチンコ老人になる
非常に納得する


タバコ酒パチンコの3種の神器で生きて行く
金は落とすから経済は回るけど、
文化が衰退する理由が分かるよな


落ちている文化を、どう消費するか?
「消費のクリエイティブ」と表現されていたけど、
沁みちゃうね


色々考えろよ、考えるって楽しいだろって思う
俺はパチンコ老人のような存在をバカにするために、
クリエイティブな消費をして行きたいね
罵倒をクリエイトする

感想

インターネットがあることによる価値観の変化をしっかりとらえてる
確かにバズって回ってきたツイートの通りじゃん?


インフルエンサーは信頼があればあるほど強い闇の吸引力がある
大体の奴が先導される
だって大体の奴はバカだからさ
俺もそうさ


クラウドファンディングはファンを持ったコンテンツなら生きれることを証明した
ド多数でなくとも、応援するような人間がいればいいのだ
ド少数派であればあるほど生きにくいことも逆説的に証明した
やっぱり人権なんてない、それだけだ


メルカリはインターネットによる経済を感じるね
一億総中流が終わったことを実感させる
貧乏人の助け合い、そのプラットフォームとなることで中抜きしていく
そういうひねくれた評価は置いてほっといて。
自分のいらないものを見知らぬ他人まで届けられるようになった
そこにインターネットを感じるよな


これがリンク、シェア、フラットって奴だよな


個人的には、スマホ時代になってから"目障り"が増えた気がしてる
バカが発信するからよ
見なくてもいい面白くもなんともないもの
増えたよ、たぶんね
井戸端会議でご近所の悪口を言うおばさん
大黒柱だからイキっていたクソジジィ
そういう意見が目に付くようになった
バカのくせに、喋んなよな


こんなマイナスを差し引いても、
面白い情報は増えたんじゃねえのかな
人間は面白い
人の話っていうのは面白いんだ
人がいればいる程、経験のパターンも増える
情報の海、いい海だよホント


俺も一瞬のコンテンツとしてどうでもよく消化されていきたいね
そんなもんでしょ